CENTER_TOP



ラマン分光測定装置


 酒井 彰 (しくみ情報系領域)
 内線:5547

 酒井 彰 (しくみ情報系領域)
 内線:5547


 特に制限なし
 ※条件付きで学外の方も利用できます


 物質にレーザー光を照射すると、物質中の原子・分子と相互作用して、レーザー光の波長とは異なる光が放出されます。この光を分光し分析することで、物質の状態を調べることができます。
 ラマン分光法の特徴として、物質の形状を問わず非破壊・非接触で微少試料を測定できますが、シグナル強度が非常に弱いという欠点を持っています。この欠点に対処するため、高輝度レーザー光源、低損失分光光学系、高感度光検出器を備えています。
 本装置の性能は世界のトップクラスでありながら、操作も簡単で得られたデータもテキストファイルと変換できるため、各研究室での解析が可能となっています。


一覧へ戻る