CENTER_TOP



磁気特性測定装置
(MPMS‐2)


 戒 修二 (しくみ情報系領域)
 内線:5620


 戒 修二 (しくみ情報系領域)
 内線:5620


 装置の使い方を熟知している者、あるいは熟練者の指導下で利用できる者
 ※条件付きで学外の方も利用できます


 超伝導量子干渉素子(SQUID)を用いた高感度の磁化測定装置です。測定用ロッドに取付けた試料が鉛直方向に運動し、検出コイル内の磁束を変化させます。この磁束の試料位置に対する応答をSQUIDで読み取り、試料の磁気モーメントを割り出します。
 試料空間は細いシリンダー内ですので、推奨される試料の径は3 mm以下(5 mm程度でも測定は可能です)であり、長さも同程度が望ましいです。
 液体ヘリウムが不可欠なSQUIDや超伝導マグネットを内蔵していますが、付設のヘリウム再凝縮装置により装置(デュワー)内の液体ヘリウムが常に一定レベルに保たれるために、連続運転が可能になっています。
 測定温度は1.9 ~350 K、印加磁場は0~±7 T (70000 Oe;地磁気の20万倍)で変えることが可能です。温度はオプションのオーブンを使用すれば、800 Kまで上げることも可能です。


一覧へ戻る