CENTER_TOP



物理特性測定装置
(PPMS‐7)


 戒 修二 (しくみ情報系領域)
 内線:5620


 戒 修二 (しくみ情報系領域)
 内線:5620


 装置の使い方を熟知している者、あるいは熟練者の指導下で利用できる者
 ※条件付きで学外の方も利用できます


 用途別のサンプルパックと呼ばれるホルダに試料をセットし、これを液体ヘリウムデュワー内の試料空間底部に装着することで、多様な物理特性を測定することができます。
 測定可能な物理特性は、電気抵抗(直流・交流)、電流電圧特性、超伝導臨界電流、比熱、ホール係数、熱伝導率、ゼーベック係数、熱電性能指数です。測定温度範囲は1.9~400 Kで、電気抵抗や比熱はヘリウム3 冷凍機を用いて0.4 Kからの測定も可能です。磁場も0~±7 T (70000 Oe;地磁気の20万倍)の範囲で印加できますので、磁気抵抗効果や磁場中比熱の測定も可能です。さらにオプションの機構を使用すると、試料を回転させて電気抵抗を測定できるので、磁場と電流の相対的な方向を変えることもできます。
 液体ヘリウムが不可欠な超伝導マグネットを内蔵していますが、付設のヘリウム再凝縮装置により装置(デュワー)内の液体ヘリウムが常に一定レベルに保たれるために、連続運転が可能になっています。


一覧へ戻る