CENTER_TOP



DNAシーケンサー


 安居 光國 (くらし環境系領域)
 内線:5748


 湯口 実 (技術部)
 内線:5936  



 利用講習を受けた者、装置について熟知しているもの


 モデル3130は、モデル310キャピラリー型のDNAシークエンサーの後継機であり、これまで1度に1サンプルだけの分析能力を同時に4本の試料ができるように性能が向上した。また、新ポリマーPOP7が利用でき、30分で500bp以上の解析できるなど高性能になったため、遺伝子解析研究スピードおよび精度の向上が期待できる。
 また、モデル3100シリーズはグローバルスタンダード機であり、信頼度が保証されており、他の研究機関と情報交換も可能である。

一覧へ戻る